寒さと上手に付き合って身も心も温かく!

>

家の中で防寒対策が必要な場所は?

家の中で温度差が生じやすい場所は?

ヒートショックが室内で起きるおもな原因は温度差です。
寒いところから暖かいところへ、また温かいところから寒いところへ、という移動を繰り返すと全身の血管が収縮し、血圧が激しく変動します。
この激しすぎる変化に体がついていけず、心停止を起こす現象がいわゆるヒートショックです。
ヒートショックは医学的には「激しい温度差によって引き起こされる心筋梗塞」であり、時には脳卒中などを併発することがあります。
家の中ではトイレ、浴室、玄関などが温度差の大きくなりやすいエリアであると言われ、床暖房やヒーターなどでしっかりと防寒対策を施すことが重要だと言われています。
特に冬場の浴室は入浴によって拡張した全身の血管が急速に収縮することになるため体にとっての負担が非常に大きく、健康な人でもヒートショックのリスクが高まります。

ヒートショックが起きやすくなる時間帯は?

ヒートショックは真冬から春先にかけて多くなる現象ですが、特に早朝の時間帯は突然死が起きやすくなると言われています。
起床したての早朝はまだ気温も低く、なおかつ体内機能も充分にめざめていないため、血管が温度差にたえきれずに予期せぬタイミングで発作を起こしてしまうのです。
夜間、暖房をつけたままで室内を暖かくして寝ている場合はよりいっそうリビングや洗面所との温度差が大きくなり、発作が起きやすくなります。
暖房によって室内が乾燥すると体内の水分が失われ、全身をめぐる血液が濃くなり、血管をさらに詰まりやすくしてしまいます。

寝ている間も乾燥をふせぐ、急に布団から起きない、起きてすぐにコップ1杯の水を飲む、などの対策によってヒートショックのリスクを劇的に減らすことができます。
もちろん、トイレや洗面所に暖房器具を設置し温度差をなくすこともまた、ヒートショック対策においては有効なアプローチであると言えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る