冬場の備えに欠かせない防寒対策

寒さと上手に付き合って身も心も温かく!

日本の家は寒さに弱い?

冬場の防寒対策と聞いて、皆さんは真っ先に何を思い浮かべますか。
マンションやアパートなどのそれほど広くない部屋ならばエアコンひとつでかなり暖まりますが、ひとつひとつの部屋が広い一軒家ともなるとエアコンだけでは足りず、いくつかの暖房器具を組み合わせなくてはなりません。
場合によっては着るものや住宅の構造から本格的に防寒対策を施す必要が出てくるかもしれません。
また、同じ家の中でも、場所によって防寒対策の重要度は異なります。
ほぼ1日中人の気配や家電製品の熱などで暖まるリビングやキッチンにはそれほどの防寒対策は必要ありませんが、浴室やトイレなどは温度差が激しくなりやすく、ヒートショックをふせぐためにも入念な防寒対策を講じる必要があります。
暖房器具のコスパも気になるところです。
寒さが嫌だからといって暖房だけで月に何万というコストをかけるわけにはいきません。
あくまでも費用対効果のバランスを慎重に検討したうえで、家計にも負担をかけない防寒対策を考えることが大切です。
最近ではエコロジー思想が定着し、電気代をかぎりなくカットできる暖房器具も増えてきました。
古い暖房器具を買い替える際にはぜひともコスパの観点を取り入れ、できるかぎりクリーンで長く使えるものを選びましょう。
適切な防寒対策は健康維持にもつながります。
とくに体力のない高齢者は寒さが命取りになりやすく、心筋梗塞などのリスクが高まるというデータもあります。

家の中で防寒対策が必要な場所は?

心臓麻痺による死亡事故の危険は、自宅のいたるところに隠れています。 特に冬場は外部と暖房をきかせた室内との温度差が激しくなり、死亡事故のリスクが急激に高まると言われています。 家の中でも特に温度差が生じやすいエリアを取り上げ、適切な防寒対策についてまとめました。

TOPへ戻る